ヒエロぐり

DTMer hieroglyph が綴る作曲記

MENU

スポンサーリンク

「B’zウルトラクロニクル」を読み終わって最初に感じたこと

先日、サンレコのバックナンバーがないかな~とブックオフへ物色に行きました。サンレコを探していると、「B’zウルトラクロニクル」というタイトルの、やたらブ厚い本があったので手に取って見て見ました。 内容はB’zのインタビュー集のようで、非常に興味を…

つまみ食いでも美味しい「これが知りたかった音楽制作の秘密100」レビュー

島崎貴光著「これが知りたかった音楽制作の秘密100」を読みました。 音楽制作に関する様々なQ&Aが、だいたい見開き1トピックで書いてあって、あまり時間がないときでも少しずつ読み進めることができます。

【レビュー】コード編曲法

概要 クラシックの「弦楽セレナーデ」を、ボサノバ・トランス・ロック・ファンク・ソウル・ディスコ・テクノ・レゲエ・サルサ・ハウス・アンビエント・ジャズの12ジャンルにアレンジし、その手法を解説する、という編曲本です。 同じ題材(弦楽セレナーデ…

【レビュー】思いどおりに作詞ができる本【作詞】

僕は趣味で作詞作曲しているのですが、作曲については独学とはいえ、理論の本を買ったり編曲の本を買ったりサンレコを買ったりと、何かと(結果的に)勉強らしいことをしていたのですが、作詞については、まったく何のノウハウもなく、参考になるような本も…

【レビュー】イメージした通りに作曲する方法50

どんな本? 様々なシチュエーション(恋愛とか季節とか)を想定し、そのイメージを曲にするノウハウが詰まっています。例えば「クリスマスの曲」と言えばみなさん様々な曲が思い浮かぶと思うのですが、そのエッセンスを抽出して曲として提示する、といった感…