ヒエロぐり

DTMer hieroglyph が綴る作曲記

MENU

スポンサーリンク

【初音ミク】Calling【オリジナル】(キネティックノベル大賞応募曲)

f:id:hieroglyphchang:20200902195801j:plain

 

ニコニコ動画に「Calling」という曲を投稿しました。 

この曲は、ニコニコ動画×ビジュアルアーツキネティックノベル大賞」の音楽部門「ボーカル曲 テーマ2 転生したらケヤキの棒だった件」に応募しました。

続きを読む

困ったときの付点八分音符

f:id:hieroglyphchang:20200827220907j:plain

歌モノの曲でどこから作り始めるか、というのは人によって違うと思うのですが、僕はコード進行から作ることが多いです。その後にメロディーライン。

 

基本的にはコード→メロディー→ドラム&ベース みたいな感じなのですが、いいメロディーが浮かばない時はメロディーをすっ飛ばして作ることがあります。

 

つまりコード→ドラム&ベース→メロディーの順番ですね。

 

そうすると、コード、ドラム、ベース・・・が鳴っている中で、メロディーを考える、ということになります。

 

続きを読む

自分の曲は客観的に聞けないのだろうか?

f:id:hieroglyphchang:20200823093551p:plain

僕は自作曲をネットに投稿(主にニコニコ動画)しているのですが、当然投稿前には入念・・・というと言い過ぎかもしれませんが、「これで投稿して大丈夫か?」とチェックして、そのチェックにパスした曲が無事投稿され、ネットの海で泳ぐことになります。

 

たまに重大な欠点(らしきもの)を発見し、作り直しになることもあります。作り直しは面倒ですが、まあチェックした甲斐があったと思って黙々と作り直す。もくもく。

 

続きを読む

【初音ミク】Raise the pressure【オリジナル】

f:id:hieroglyphchang:20200811212419p:plain

 

「【初音ミクRaise the pressure【オリジナル】」という曲をニコニコ動画に投稿しました。

 

この曲はビジュアルアーツ×ニコ動「キネティックノベル大賞」の音楽部門に応募しました。

 

キネティックノベル大賞」音楽部門kineticnovel.jp

 

今回は上記音楽部門の【ボーカル曲/テーマ4】『お前の負けだ!』に応募しました。

続きを読む

作曲とブログの似て非なるトコロ

f:id:hieroglyphchang:20200721212552j:plain

僕は趣味で作曲している身分なので、学校ないし締め切りないしヒマじゃないしカーテンもないしで、のほほんと曲を作っているわけですが、作曲には・・・というより、「ものづくり」には癒しの効果があるのだそうです(詳しくは「ものづくり 癒しの効果」で検索ッ)。 

続きを読む

【初音ミク】New Song【オリジナル】

f:id:hieroglyphchang:20200714215011j:plain

初音ミク】New Song【オリジナル】という曲をニコニコ動画にアップしました。

 

歌詞について

この曲を作っていたのは今年の4月ごろなのですが、今年の4月といえば緊急事態宣言が出され経済をはじめとした様々な活動が停滞していた時期でした。

 

ライブや演劇なども軒並み中止となり、改めて「音楽とは僕(達)にとってどういった存在なのだろう」と考えざるを得ませんでした。 

続きを読む

【初音ミク】forCe【オリジナル】

f:id:hieroglyphchang:20200609213614j:plain

 

初音ミクforCe【オリジナル】という曲をニコニコ動画に投稿しました。

 

この曲は「マジカルミライ2020」に応募し(残念ながら選外になっ)た曲で、初音ミクに会いに行くという状況から「遠距離恋愛中の彼女(初音ミク)に会いに行く」というシチュエーションで歌詞を書きました。テーマとしては「普段会えない寂しさが喜びに変わる」という感じでしょうか。

曲調

曲調としては自己評価でEDMPOPS÷2。

「だいたいこんな感じで作りたいな」と思った通りに作れたので満足度は高めです。

 

キャラミん再び

 

久しぶりにキャラミんメインで動画を作りました。 

www.hieroglyph.work

 

キャラクター(女の子)を、長年愛用していた「許斐まい」から「桜乃そら」に変えて心機一転。

 

このキャラ(桜乃そら)いいですね。ヒラヒラした衣装に動きがあってよいです。

ちょっと色っぽいし(←おい

 

今回キャラミんを使ってみて、改めてこれはアイデア次第でいろいろな表現ができるんじゃないかという手ごたえみたいなのを感じました。

 

例えば上下画面を分割してそれぞれ違うキャラで踊らせてみたり、左右に画面分割して右から左にキャラを移動させたり・・・

 

などと、岩の割れ目から水が滴るようにアイデアが出てきたので、次回作で試せそうなところから実践していこうと思っています。

 

さいごに

皆さん聞いてくださいね(ハート

 

  

作曲の収益化について、僕ができるたった一つのささやかなアドバイス

f:id:hieroglyphchang:20200509221356p:plain

改めてになりますが、趣味で作曲をしています。

こんな曲作ってます↓

 

学生の頃はバンドをしていましたが、社会人になってからは一人で作曲していて、どこに発表するわけでもない曲を作っていました。

 

当時は(というか今もか)曲を作ることがストレスの発散になっていて、「曲を作ること」が目的で、作った曲をどうしようか、ということはあまり考えていませんでした。

 

とはいえ、バンド時代には作った曲をカセットテープで販売していたこともあって、趣味ではあるけれど作った曲を収益化できたらいいな、というのは頭の片隅にありました。

 

しかし社会人になった頃はインターネットの黎明期で、まだネット環境が整っていなかったこともあり、作った曲をネットにアップして収益化する、というのは全く夢物語でした。

 

しかし時の流れとともにネット環境、作曲環境も大きく変わり、「作った曲の収益化」についても現実味を帯びてきた・・・と感じた頃に結婚、子育てなどで長らく作曲から遠ざかっていました。

 

作曲を再開したのは2017年春。

時は来たれり。

 

ということで、作曲再開後は「曲の収益化」を意識するようになりました。

 

そしてオーディオストックとニコニコモンズを収益化の両輪と位置づけ、曲の宣伝も兼ねてブログをはじめました。

 

オーディオストックは2019年6月から、ニコニコモンズは2018年7月から、ブログは2018年11月から始めました。

 

そしてこの度、収益として1000円を超える事ができました。

 

ブログのアフィリエイトで。

 

曲の宣伝ではじめたブログが一番の稼ぎ頭となっていました(ちなみにオーディオストックは約500円、ニコニコモンズは約400円の収益となっております)。

 

 

もし趣味で作曲していて曲の収益化を考えている人がいたら、僕からささやかなアドバイスをさせてほしい。

 

ブログもやったほうがいいよ、と。

 

【オリジナル】Future Love【初音ミク】

f:id:hieroglyphchang:20200505214758j:plain

Future Loveという曲をニコニコ動画に投稿しました。 

 

FutureBassにハマっていた1月ごろに作った曲で、 

www.hieroglyph.work

 

このころは「Future」という単語がキーワード的存在で、そんな時に作った曲なので、タイトルにFuture が入っています。 

続きを読む

せっかくなのでオーディオストック登録曲を紹介するの巻

f:id:hieroglyphchang:20200421213308j:plain


 

昨年の6月からオーディオストックに曲を登録し始めて10カ月が過ぎようとしています。2020/4/21日現在で登録曲数36曲。

 

名もなき作曲家(ぼくちんのこと)が10カ月で36曲登録してどれくらい売れてどれくらい収益があったか知りたいと思いませんか?

 

続きを読む

オーディオジャングルの壁は思っていたより高かった

f:id:hieroglyphchang:20200411170755j:plain

遠くから見ると「いけるんじゃね?」と思っていた山が、いざ登ってみると「頂上見えなくね?っていうか、今どのくらいの高さまで登ったか分からなくね?」となってしまった話。

 

続きを読む

sus2というコードがあることを知った日

f:id:hieroglyphchang:20200221213604p:plain

sus4というコードがあるのは知っていたのですが、 sus2というコードもあるということを最近知りました。

 

Csus2だったらドレソが構成音。

 

僕が作曲を始めた頃(25年前くらい)はスコアとかで見たことなかったような気がするなぁ・・・と思って調べてみたら、やっぱり最近(といっても10年くらい前だけど)流通し始めたコードのようです。

 

2010年のヤフー知恵袋に「最近sus2というコードを散見するようになった。この表記の発生の経緯のエピソードを教えてください」というような質問があったので、2000年代中盤~後半あたりから使われるようになったんじゃないかなと推測します。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1037837740?__ysp=c3VzMg%3D%3D

 

2012年の知恵袋にはC(ルート)を吊り上げてレミソがCsus2ではないかという回答があり、まだ浸透していなかった様子がうかがえます。

 (https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1097719730

 

そこで「Csus2」について、二つの疑問が生まれました。

 

①ドレソってGsus4の転回形じゃないの?

 

ドレソはGsus4(ソドレ)の転回形ではないか?と思ったのですが、

 

Csus2(ドレソ)→C(ドミソ)というCの解決が、Csus2

同じドレソでもシレソ(G/B)に進行する場合(Gの解決)は、Gsus4/C→G/Bと解釈され、Gsus4/Cと捉えるらしいです。

 

キーボードで弾いてみるとなるほどね、という感じで、Csus2とGsus4/Cの解釈の違いみたいなのが分かったような・・・気がし・・ま。

 

Cadd9(omit3)と何が違うの?

 

Cadd9(ドミソレ)の3rd抜き(ドソレ)も微妙に構成音が似ている気がするのですが、

 

Csus2はドレソ、Cadd9(omit3)はドソレ

Csus2の「レ」はミへの掛留音的役割、Cadd9(omit3)の「レ」はテンション

 

という違いがある・・・ということら・・しい・・・です。

 

さいごに

一応二つの疑問は解決されたような気がします(②はアヤしいが)。

 

sus2sus4も音の響きは好きなのでさすさす使っていこうと思います。

 

オーディオストック30曲登録完了、一方オーディオジャングルは・・・

f:id:hieroglyphchang:20200204212208j:plain

昨年オーディオストックに「年内30曲登録」を目標に曲を作り 

www.hieroglyph.work

 

力及ばず目標不達成となったわけですが 

www.hieroglyph.work

 

ようやくオーディオストックに30曲登録できました。 

続きを読む

FutureBassが今アツい

f:id:hieroglyphchang:20200113095443j:plain

FutureBassのトリコになっています

 FutureBassとは音楽のジャンルの一つなのですが、なんせ日本語のwikiがないことからも、お世辞にもメジャーなジャンルとは言えないみたいです。

 

それもそのはず、FutureBassは比較的最近出てきた音楽で、「2006年頃に発生し、2016年にブレイクアウトした」そうです(https://en.wikipedia.org/wiki/Future_bass )。個人的には昨年あたりから「FutureBass」という文字をよく見かけるようになった気がします。

 

現在オーディオジャングルに曲を登録しようと奮闘中で、 

www.hieroglyph.work

 

作曲のために様々なジャンルを聞いてみようとネットサーフィンをしていたところ、FutureBassを発見してしまいました。

 

続きを読む