ヒエロぐり

DTMer hieroglyph が綴る作曲記

MENU

スポンサーリンク

ニコ動クリエイター推奨プログラムで大金持ちになる夢見る少女じゃいられない

f:id:hieroglyphchang:20200326214653p:plain

昨年の12月からニコ動のクリエイター推奨プログラムのポイント換金下限数が1000ポイントとなり、換金しやすくなりました。 

www.hieroglyph.work

  

それまでは換金下限が10,000ポイントで、さらにポイントの有効期間が1年なので、つまり1年間で10,000ポイント貯めないと換金できなくて、10,000ポイント貯めるなんて遠い遠い異国の地のお話で、換金は夢すら見られない夢物語でした。

 

それが1,000ポイントになったので、これならイケるかもしれない、と思い登録曲を増やしていますが、なかなか思うような成果が出ていないのが現状です。

 

上記記事でも書きましたが、自分の作った曲が誰かの作品に利用されないと「ポイント」はつきません。ダウンロードだけされてもポイントはつきません。

 

ここが難しいところで、ダウンロードはそこそこされているような気がするのですが、なかなか作品利用に結び付いていないような気がするのです。

 

そこでふと「利用作品数はダウンロード数の何%くらいなんだろう?」という疑問がわいたので、確認することにしました。

 

hieroglyphのニコ動クリエイター推奨プログラム登録曲詳細(?)データ(R2.3.26現在)

登録開始年月日 2018年7月30日

登録曲数 41曲

閲覧数 10,708回

ダウンロード数 609回

利用作品数 30

 

①登録曲数におけるダウンロード数 609÷41≒14

 1曲あたり平均約14回ダウンロードされている

 

②ダウンロード数における利用作品数 609÷30≒20

 ダウンロード20回に1回作品に利用されている(利用作品数はダウンロード数の約5%)

 

感想

ダウンロード20回に1回作品に利用されていれば上出来のような気がしてきました。よくよく調べたら登録曲もまだ41曲だし(もっと登録していると思っていた)、ま、こんなものかな、というのが率直な感想でした。

 

なかなか作品に利用されていない感覚でしたが、数字を見てみると意外と納得・・・数字にダマされているのだろうか?